【転職活動】転職サイトに登録!登録すべきサイト・時期は?

【転職活動】転職サイトに登録!登録すべきサイト・時期は?
スポンサーリンク

【転職活動】転職サイトに登録!

転職活動に伴う求人探しをインターネットで行う上で、転職サイトは大きく分けて3つの種類があるという内容のブログを書いてみました。

【転職活動】仕事を探す~インターネットでお仕事探し~
【転職活動】仕事を探す~インターネットでお仕事探し~ 今回から具体的に「仕事を探す手段」をテーマにしてみたいと思います。 もっとも...
【転職活動】仕事を探す~求人情報掲載型でお仕事探し~
【転職活動】仕事を探す~求人情報掲載型でお仕事探し~ インターネットで求人を探すのが現在の転職活動の主流になっていて、インターネット上...
【転職活動】仕事を探す~エージェント型でお仕事探し~
【転職活動】仕事を探す~エージェント型でお仕事探し~ 今回は「エージェント型」の転職サイトを使って転職活動を行うことをテーマに書いてみ...
【転職活動】仕事を探す~ヘッドハンティング型~
【転職活動】仕事を探す~ヘッドハンティング型でお仕事探し~ 今回は「ヘッドハンティング型」の転職サイトを使って転職活動を行うことをテー...

今回からは具体的なステップ、「転職サイトに登録」です。

転職サイトに登録するべき時期は?

まず、転職サイトに登録するべき時期について書いてみます。

求人情報掲載型のサイトに登録するべき時期

「求人情報掲載型」サイトに関して言えば、登録はいつでも構いません。
「転職を意識したタイミング」で時間がある時に登録しましょう。

「登録したから求人にエントリーしなくてはいけない。」ということではありません。
どのような求人があるのかを見ておくだけでも価値があります。

まずは時間がある時に「求人情報掲載型」サイトに登録するところから始めることをおすすめします。

エージェント型の転職サービスのサイトに登録するべき時期

こちらに関しては、ご自身の中で具体的に「いつ転職をするか」を決めてからの登録をおすすめします。

【転職活動】仕事を探す~エージェント型でお仕事探し~
【転職活動】仕事を探す~エージェント型でお仕事探し~ 今回は「エージェント型」の転職サイトを使って転職活動を行うことをテーマに書いてみ...

こちらの投稿の「デメリット」のところに記載した内容がその理由です。

「エージェント型の転職サービス」人材紹介会社にとって成功報酬型のビジネスであるため、「いつ転職をするか」を具体的に決めている求職者の対応に、キャリアコンサルタント企業側を担当する営業担当は出来るだけ時間を使いたいはずです。

「人材紹介会社の経営層」からしてもその考えは同じです。

ビジネスモデルが成功報酬型であるため、人材紹介会社は求職者を企業に紹介し、企業が採用することで初めて、採用した企業からお金が支払われて収益が得られます。

つまりエージェント型の転職サービスを提供する人材紹介会社は、「転職意欲が高い」求職者に積極的にお仕事を紹介して、転職に導きたいわけです。

そのような理由から、『ご自身の中で具体的に「いつ転職をするか」』を決めて、転職意欲の高さをキャリアコンサルタントに示すことで、良い求人を多く紹介してもらえる可能性が高まります。

「エージェント型の転職サービスのサイトに登録」するのは、「いつ転職をするか」を具体的に決めてからにしましょう。

ヘッドハンティング型のサイトに登録するべき時期

こちらに関しては、ご自身で登録できるサイトもあれば、登録できないサイトもあります。
また登録が出来たとしても、経歴等で登録が受理されないケースもあります。

こちらに関しては、「求人情報掲載型」サイトに登録するタイミングで時間を見つけて登録するのが良いです。

登録すべき転職サイトは?

続いて、具体的に登録すべき転職サイトについて書いてみたいと思います。
登録が必須な転職サイトを挙げてみます。

求人情報掲載型のサイト

【リクナビNEXT】

 

こちらはあまりにも有名な転職サイトです。
圧倒的な求人数に加え、転職活動のノウハウを学ぶことができるコラム、スカウトサービスなど、転職活動はリクナビNEXTに登録するところから始まるといっても過言ではありません。

【マイナビ転職】

転職はマイナビ転職-豊富な転職情報で支援する転職サイト
転職は【マイナビ転職】。転職準備のすべてが分かる!日本最大級の転職サイト。プロによる「履歴書添削」「面接ノウハウ」「WEBセミナー」など転職サポートが充実。企業と直接話せる転職フェアも全国で開催。正社員の転職 ・求人情報を豊富に掲載中!

こちらも説明不要なほど有名な転職サイトです。
求人数が多く、第三者機関評価No.1に選ばれた実績があります。
「マイナビ転職にしか載っていない求人」も多数あります。

【DODA】

転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト

こちらも有名です。
DODAの場合は、「求人情報掲載型」「エージェント型」を合わせたサービスを行っているためこちらに記載していますが、登録のタイミングは「エージェント型」に登録する際にした方が良いです。

【エン転職】

転職なら【エン転職】| 日本最大級の転職サイト
転職なら【エン転職】。エンジャパン運営の転職サイト。大手・優良企業の求人や、未経験歓迎の求人が多数。社員・元社員のクチコミや、一次面接の内容がわかる面接対策レポートも提供。エン転職だけのサービスで、あなたの転職をサポートします。

有名な転職サイトです。
求人数は他のサイトに譲りますが、エン転職にしか掲載されていない求人が多数あります。
忘れずに登録しましょう。

エージェント型の転職サービスサイト

【リクルートエージェント】

 

こちらは説明は不要でしょう。
転職成功実績No.1で非公開求人保有数もNo.1です。

【マイナビエージェント】

 

マイナビが提供する人材紹介サービスです。
こちらも多くの求人数を有していて、非公開求人も多数。

業種ごとに専属のエージェントがいる上、多数の兄弟・姉妹サイト、サービスを有するマイナビならではの、充実したサポートを受けることができます。

【DODA】

 

DODAに関しては前述したとおり、「求人情報掲載型」「エージェント型」を合わせたサービスを行っているので、「いつ転職をするか」を決めてからの登録をおすすめします。

「エージェント型」のサービスに申し込む順番

私の体験と周囲の体験談から、「エージェント型」サービスに申し込む順番は、
【マイナビエージェント】【DODA】を同時に申し込んで、【マイナビエージェント】【DODA】の面談が終わってから【リクルートエージェント】に登録をおすすめします。

その理由は、長くなってしまったので別の機会に投稿します。