【職務経歴が埋もれない!】人材紹介会社を利用するメリット

【職務経歴が埋もれない!】人材紹介会社を利用するメリット
スポンサーリンク

人材紹介会社を利用するメリット

今回は人材紹介を利用するメリットを、以前ブログで書いたことと別の切り口から書いてみたいと思います。

これは、「人材紹介会社」で働いていた時にはあまり気にしたことはなかったのですが、「採用担当」をするようになって、このメリットは求職者にとって大きいと強く感じる事柄です。

人材紹介会社で働いたことがある人事担当の転職案内所
「転職活動」は、大変な労力と時間を費やす必要があります。当ブログでは、「人材紹介会社で働いたことがある人事担当の転職案内所」というタイトルで、これまで経験したことや感じたことを書いてみたいと思っています。転職を考えている人、転職活動中の人の参考になれば嬉しいです。

職務経歴が埋もれない!

私の現在の職場でも、定期的に求人を出します。
媒体は、「求人掲載型」の転職サイトと「人材紹介会社」を利用します。

(※ハローワークも利用しています。)

「求人掲載型」の転職サイトからのエントリーの場合

「求人掲載型」の転職サイトに求人を出すと、有難いことに大変多くのエントリーをいただくことができます。

いただいたエントリー内容は、転職サイトを運営する企業から案内されたURLから拝見していくのですが、「求職者の年齢」や「転職回数」にどうしても最初に目が行ってしまい、エントリーしていただいた方には大変申し訳ないのですが、その段階でネガティブなファーストインプレッションを持ってしまうケースが多々あります。

失礼なのを承知で本音ベースで書かせていただくと、ファーストインプレッションがどうしても頭に残り、「職務経歴欄」の内容がある程度魅力的でも、他の方のエントリーシートに進んでしまう、つまりご縁が無かったという結果で終わらせてしまうケースが少なくありません。

また企業によっては、「求職者の年齢」や「転職回数」等のその企業が定めた基準をクリアしていなければ、職務経歴を見ずに不採用にするところもあるそうです。

大手の人気優良企業だと、4桁に届くほどのエントリー数があるそうです。
ただそのような状況だと、全てのエントリー者の情報を読みきれないというのが本音でしょう。

また、「求人掲載型」の転職サイトに記載した「応募資格」を満たしていない方のエントリーも多々あるのが実情です。

もちろん、多くの方からエントリーしていただけるのは非常に有難い限りだと考えていますが、力不足もあり、せっかくのエントリーを埋もれさせてしまっているのは紛れもない事実です。

人材紹介会社からのエントリーの場合

まず人材紹介会社の営業の方もしくはコンサルタントに自社のニーズを伝えた上で求人を出します。

その上で、キャリアコンサルタントが自社のニーズにあった方を紹介してくださるので、「応募資格」を満たしていない求職者のエントリーがありません。

そのためエントリーシート自体の母数が少なくなり、「職務経歴」をじっくりと読むことができます。

また、エントリーシート(キャリアシート)を人材紹介会社からいただく際に、キャリアコンサルタントから電話が入り、エントリーシート(キャリアシート)の到着確認と、内容やエントリー者のお人柄の補足が入ることがかなりの確率であります。

そのため人材紹介会社からのエントリーは、求職者にとって「職務経歴が埋もれない!」というメリットがあります。

その結果書類選考で落ちてしまう率が減り、面接に進むことができる可能性が高まります。

さらに、人材紹介会社のキャリアコンサルタントは、職務経歴書を添削してより面接に進みやすい職務経歴書を作るためのサポートをします。

そのサポートもあって、採用担当の立場から、分かりやすく読みやすい職務経歴をいただけることが多いです。

人材紹介会社を利用して採用活動をしたことがある採用担当者は職務経歴を見て、キャリアコンサルタントのアドバイスによって、「分かりやすく読みやすい職務経歴書」になっていることは想像が付きます。

ただ例えそうであっても嘘偽りがなければ「分かりやすく読みやすい職務経歴書」をいただけた方が嬉しいです。

これは、求職者が人材紹介会社を利用する「大きなメリット」です。

人材紹介会社を利用しない手はない!

人材紹介会社で働いていた頃はともかく、現在採用担当をするようになって、転職活動をする上で「人材紹介会社」を利用しない手はない!と強く感じるようになっています。

これは求職者に対してはもちろんですが、採用を担当する企業に対しても当てはまります。
ある意味では採用活動において「人材紹介会社のキャリアコンサルタントによる一時フィルター」が入ると言えるでしょう。

「フィルター」のおかげで採用活動が大幅に効率化できます。

求職者にとっては、面接に進める可能性が大幅に高まります。

どの人材紹介会社でも良いわけではない。

ただし、どの人材紹介会社でも良いわけではありません。

「リクルートエージェント」
「DODA」
「JAC Recruitment」
「マイナビエージェント」

上記4社に関しては、実績・求人数・利用者満足度共に高い数字を誇っていて安心して利用できる人材紹介会社です。

ただ、中には人材紹介=ビジネスという考えのもと、求人を出している企業に強引な営業をかけたり、求職者に対して、慢性的な人材不足で書類選考に通る確率が高い企業の求人を紹介し、強引にエントリーを薦めるところもあります。

人材紹介会社を使わない手はない!

ただし・・・

「登録するのはどの人材紹介会社でも良いわけではない。」ということを頭に入れて転職活動を進めていきましょう。