【ちょっとしたコツ!】応募ルートの使い分けを効率よく行う方法

【ちょっとしたコツ!】応募ルートの使い分けを効率よく行う方法
スポンサーリンク

応募ルートの使い分けを効率よく行う方法

前回、転職を希望する企業へのエントリーに際して、応募ルートの使い分けという方法をご紹介しました。

【応募ルートの使い分け】転職サイトと転職エージェントと企業サイト
【応募ルートの使い分け】 転職サイトと転職エージェントと企業サイト 今回は、「転職サイトと転職エージェントと企業サイト」の使い分けと...

応募ルートの使い分けは有効な方法なのでぜひ参考にしていただきたいです。

特に「第2新卒」や「ポテンシャル採用」の枠を狙って転職活動をする際に効果的です。

ハイクラス人材に関しては、応募ルートの使い分けをしなくても、リクルートエージェントやJAC Recruitment、BIZREACH(ビズリーチ)からのエントリーで満足ができる転職先を見つけることができるでしょう。

【BIZREACH(ビズリーチ)】ハイクラスの転職に強い、勢いのある企業によるサービスです。
ハイクラスの転職に強いエージェント 今回の投稿は「ハイクラスの転職」にスポットを当ててみたいと思います。 「ハイクラス」となると...

今回は、『【ちょっとしたコツ!】応募ルートの使い分けを効率よく行う方法』というテーマで投稿してみたいと思います。

ちょっとしたコツとは?

このちょっとしたコツを実践することで、転職活動を効率的に進めることができるようになります。

それは、「人材紹介会社から求人を紹介してもらう」ことがスタートです。

求人を自分で探すのは大変です。

また、企業の知名度ばかりに目が行ってしまい、転職サイトで見つけた企業にエントリーをしたものの、希望した業種・職種ではなく、企業名でエントリーした結果、「やりたい仕事じゃない」、と選考中に感じ始めてしまったり、採用されてもすぐに辞めてしまうケースは少なくありません。

有名な企業=「ご自身が転職で解決したい問題」を解決できる企業ではない。

これは、転職活動で求人を探す際の鉄則です。

人材紹介会社から求人を紹介してもらうメリット

■非公開求人を紹介してもらうことができる。

■求職者のキャリアで採用される可能性がある企業に絞って紹介してもらることができる。

■コンサルタントがその企業を進めた理由を聞ける。

この3つのメリットは非常に大きいです。

希望に合う求人を効率良く探す(紹介してもらう)ことができます。

求人を紹介してもらったら・・・

求人を紹介してもらったら、その求人に対する「志望度」をご自身の中でつけてみましょう。

その際に参考にするのは、「キャリコネ」です。

▼「キャリコネ」へのリンク▼

 

実際にその企業で働いていた人の口コミを調べることができるので、「名前を聞いたことがない企業」、「なんとなく聞いたことがある企業」などの情報を調べるために、とても役に立ちます。

大手企業、有名企業であれば「キャリコネ」内に多くの口コミがあるので、さらに参考になるでしょう。

志望順位が非常に高い企業に対して

人材紹介会社から紹介してもらった求人の中で、「志望順位が非常に高い企業」に対しては、その企業のHPをまずは見てみましょう。

「非公開求人」とされている求人でも、実は企業のHPの採用情報のところに「公開」されていることが多いです。

そこから「応募」すれば、前回のブログで記載したとおり、選考基準が下がる可能性が高いです。

「採用情報」のHPに記載されている待遇面と、人材紹介会社から紹介された待遇面に違いがなければ、企業HPからの応募も検討してみましょう。

注意が必要なのは、「待遇面が全く違った場合」です。

この場合はキャリアコンサルタントに、「企業HPに掲載されている待遇ともらった求人票に書かれている内容が違う」旨を相談してみましょう。

そしてそのような場合は、転職エージェントから応募する方が無難です。
応募する際、キャリアコンサルタントに、「企業HPに掲載されている待遇ともらった求人票に書かれている内容が違う」ことを、応募する企業の担当者に確認してもらいましょう。

「HPが更新されていなかっただけ」ならまだ良いですが、内定後の給与提示・待遇提示の際に、人材紹介会社から聞いていたものと違う!(採用情報のHPの内容が正しかった)となるリスクは事前に解消しておいた方が、転職活動に集中できます。

志望順位がある程度高い企業に対して

志望順位がある程度高い企業に対しては、1度リクナビNEXTやマイナビ転職などでその企業の求人があるかどうかを調べてみましょう。

転職サイトに記載されている求人情報等の内容がご自身の経歴と合っていて、「その転職サイトに登録しているキャリアシートで勝負になる!」と感じた際は、転職サイトからの応募を視野に入れましょう。

逆に少しでも書類選考で落ちる可能性を感じたならば、「人材紹介会社」から応募するようにしましょう。

【まとめ】応募ルートの使い分けを効率よく行う方法

当ブログで何度も記載していますが、転職活動に際して、「人材紹介会社」を使わない手はありません。

大手人材紹介会社が扱う求人数は非公開求人を含めると恐ろしい数になります。

また、人材紹介会社で働いている「キャリアコンサルタント」転職支援のプロです。

多くの人の転職活動に携わっている関係上、多数の職務経歴書を見ていて、「この経歴であればこの企業に受かる可能性がある!」「ここは難しいかな・・・」と判断が出来ます。

人材紹介会社に登録をし、人材紹介会社から求人を紹介してもらう。

これが、転職活動を上手に効率よく進めるためのちょっとしたコツです。