【志望度MAXの悪あがき】転職エージェントから紹介された企業に書類選考で落ちた場合・・・

【志望度MAXの悪あがき】転職エージェントから紹介された企業に書類選考で落ちた場合・・・
スポンサーリンク

志望度MAXの悪あがき

今回の投稿は、
【志望度MAXの悪あがき】
転職エージェントから紹介された企業に書類選考で落ちた場合・・・
という内容です。

「なんとかこの企業で働きたい!」という志望度MAX級の求人転職エージェント・人材紹介会社から紹介されたとしましょう。

志望度MAX級の求人なので間違いなくエントリーすると思います。

ところが、転職エージェント・人材紹介会社から、「書類選考で見送りになった旨」の連絡が入りました。

普通であればここでその企業から気持ちを切替えて、次の企業を目指すことになります。しかしどうしても諦めたくない場合、再度その企業にエントリーする方法が無いわけではありません。

別の転職エージェント・人材紹介会社からエントリー

まず1つ目は、別の転職エージェント・人材紹介会社からエントリーする方法です。

この辺りの大手転職エージェント・人材紹介会社であれば、同じ非公開求人を保有していることが多く、担当のエージェントの方に、「~の企業を受けたい」「志望度が高いので選考書類の添削をして欲しい」と伝えてエントリーを依頼してみましょう。

複数の転職エージェントに登録するメリットは、1つの企業に複数回アプローチするチャンスがあるだけでなく、コンサルタントやエージェントによって、就職を希望する企業とのパイプの強さやコミュニケーションの方法が異なることです。

実際、あるエージェントから応募したが書類選考で落ち、別のエージェントから応募したら通過した、という話を耳にすることは少なくありません。

転職サイトや企業のHPから自己応募

まずはリクナビNEXT、マイナビ転職、エン転職等の転職サイトを見てみましょう。
リクナビNEXT

転職サイトに、志望度MAXの企業が、志望する職種で求人を出していないか確認します。
もし求人を出しているようであれば、転職サイトに登録して、選考にエントリーしてみましょう。

転職サイトに求人が出ていなければ、その企業のホームページを見てみましょう。
ホームページの求人欄に希望の求人はないでしょうか?
もし求人があった場合は、必要な書類を用意してエントリーしてみましょう。

エージェントに依頼せず、「自己応募」という選択をするわけです。

書類選考通過率が上がる(可能性がある)自己応募

自己応募は、エージェント経由での応募よりも選考通過率が上がる可能性が高いです。
それは、エージェント経由よりも選考基準が下がるケースが多いからです。

【メリットばかりではない!】人材紹介会社を利用するデメリット
人材紹介会社を利用するデメリット 前回の投稿で、人材紹介会社を利用するメリットについて投稿しました。 私は、転職活動で人材紹...
【ちょっとしたコツ!】応募ルートの使い分けを効率よく行う方法
応募ルートの使い分けを効率よく行う方法 前回、転職を希望する企業へのエントリーに際して、応募ルートの使い分けという方法をご紹介しました...

過去に何回か記事にしたことがある内容で、企業は転職エージェントから紹介された人を採用した場合、採用した人の年収の30%前後の金額を転職エージェントに支払うことになります。

企業は転職エージェントに費用を支払って採用をする

■年収300万円の人を採用した場合・・・

300万円の30%、90万円を転職エージェントに支払う。

■年収500万円の人を採用した場合・・・

500万円の30%、150万円を転職エージェントに支払う。

■年収800万円の人を採用した場合・・・

800万円の30%、240万円を転職エージェントに支払う。

企業は転職エージェント経由で人を採用する場合、ある程度まとまった金額を転職エージェントに支払う必要があるわけです。

これがもし転職サイトからのエントリーの方であれば、掲載費だけでO.K.
自社サイトからのエントリーの方であれば、採用に必要な費用はゼロです。

紹介料を払う価値があるかどうかという目で見られる

選考通過率が上がる可能性が高い理由、ご理解いただけましたでしょうか?
企業はエージェント経由の求職者に対して、紹介料を払う価値がある人材かどうかという目で見て、選考をします。

一方自己応募であれば、多少マイナスになるようなポイントがあったとしても、紹介料が掛からない分、選考を通過する率が少しだけ上がるというわけです。

悪あがきは成功する?

肝心な、悪あがきは成功するのか?という部分ですが、私はその悪あがきが成功している現場を何度か見たり聞いたりしています。

人材紹介会社で企業担当をしていた頃、企業の採用担当者から、「以前紹介してもらった人、1回お断りしたんだけど、ABCのサイトからまた応募が来ていて、面接してみようと考えている」といった話をされることがありました。

採用担当者が人材紹介会社の企業担当に自己応募の話をする理由

なぜ企業の担当者がそのような話を人材紹介会社の企業担当の私に話すのでしょうか?

これは「嫌味」ではありません。
企業と人材紹介会社・エージェントは、紹介に際して契約を結びます。

エージェントから紹介された求職者に対して、「今回は選考で落としたことにするけど、君は優秀だからエージェントには内緒で次の選考に進んでもらうね!」といったずるいことをしないでくださいね!という契約です。

その求職者を再度選考ラインにのせるが、契約違反ではないですよ!というアピールのために企業担当者は私に情報をくださったわけです。

まとめ

今回の投稿は、
【志望度MAXの悪あがき】
転職エージェントから紹介された企業に書類選考で落ちた場合・・・
という内容でした。

「人材紹介会社・転職エージェントから紹介されたが書類選考で落ちてしまった志望度MAX級の求人に対して再度アプローチは可能か?」

タイトルでは悪あがきという言葉を使っていますが、悪あがきでも何でも無く、再度アプローチは可能です。

アプローチ方法は、(別の)「人材紹介会社・転職エージェント」経由というルートと、転職サイトや企業のホームページから自ら応募する「自己応募」と呼ばれるルートがあります。

中には、内定を獲得される方もおられます。

1度書類選考で落ちたからといって諦めないで、ルートを変えて再度アプローチしてみる。
それは、良い転職のための1つの方法かもしれません。