【転職エージェント大手2社を比較!】リクルートエージェントとDODA

【転職エージェント大手2社を比較!】リクルートエージェントとDODA
スポンサーリンク

転職エージェント大手2社を比較!

今回は、
【転職エージェント大手2社を比較!】リクルートエージェントとDODA
という投稿です。

転職エージェント大手2社といえば間違いなくこちら。

【リクルートエージェント】


【DODA】


リクルートエージェントDODAです。

私自身も転職する際にお世話になったことがあり、転職活動をする上では登録することが必須なエージェントです。

今回は、リクルートエージェントDODA、2社のサービスを比較してみたいと思います。

保有する求人数

転職エージェントを選ぶ際に重要になる「求人数」

「求人数」は、

リクルートエージェント>>DODAです。

リクルートエージェントDODA、両方に登録すると、重複する求人の紹介を受けることがあります。

紹介してもらえる求人数

「保有する求人数」「紹介してもらえる求人数」は異なります。

紹介してもらえる求人数は、

DODA>>リクルートエージェントです。

DODAの場合、担当のコンサルタントさん以外からも求人の紹介があります。

一方、リクルートエージェントはビジネスとしての色が強く、担当コンサルタントから紹介された求人に全くエントリーしなかったり、なかなか書類選考に通過しないと「紹介してもらえる求人数」が大幅に減ります。

「リクルートエージェントに見捨てられた」といったツイートや口コミを見かけることがあるのはこれが理由でしょう。

そしてどちらのエージェントにも共通する部分として、サービスを受けられるのは原則3ヶ月です。

再登録は状況によっては可能ですが、再登録できたとしても紹介してもらえる求人数は大幅に減るので、得策ではありません。

もしサービスを受けられる期間が過ぎてしまった場合は、他のエージェントに登録しましょう。

その際のおすすめは、ワークポートです。

【ワークポート】人材紹介会社経由の転職に苦戦されている方へ
人材紹介会社経由の転職に苦戦されている方へ 人材紹介会社経由で何社か応募したが、なかなか就職先が決まらない。 そのような声を耳にするこ...

多くの求人を紹介してもらうためにはコツがある

転職エージェントから求人を多く紹介してもらうためにはコツがあります。

それは、転職エージェントが提供するサービスは、成果報酬型のビジネスだからです。

この内容は以前、投稿したことがあります。

【メリットばかりではない!】人材紹介会社を利用するデメリット
人材紹介会社を利用するデメリット 前回の投稿で、人材紹介会社を利用するメリットについて投稿しました。 私は、転職活動で人材紹...

また、多くの求人を紹介してもらうためのコツはこちらで投稿しています。

人材紹介会社から求人を紹介してもらえない時は?
人材紹介会社から求人を紹介してもらえない時は? 「人材紹介会社から求人を紹介してもらえない。」という相談を受けることがたまにあります。...
人材紹介会社で求人をたくさん紹介してもらうには?
人材紹介会社で求人をたくさん紹介してもらうには? 前回のブログのテーマは、「人材紹介会社から求人を紹介してもらえない時は?」でした。 ...

【転職エージェント大手2社を比較!】リクルートエージェントとDODA

紹介された求人の確認のしやすさ

紹介された求人の確認のしやすさは間違いなく、

リクルートエージェント>>DODAです。

DODAは担当のコンサルタントさん以外からもメールで求人紹介が届きます。

しかもアドレスが1人1人違うため、使用するメーラーによっては、うまくフォルダ分けできず、重要なメールを見逃してしまうことも起こりえます。

一方、リクルートエージェントはアプリがあります。

このアプリはとても便利で、「担当コンサルタントからの紹介求人の確認」・「選考状況」・「面接日程管理」等が可能です。

コンサルティングサービスの手厚さ

コンサルティングサービスの手厚さは、

DODA>>リクルートエージェント

です。

DODAからは、担当のコンサルタント以外からも電話が来ることがあり、書類選考を通過した企業の情報提供や面接対策などを行ってもらうことができます。

初めての転職活動はDODA、2回目以降はリクルートエージェント

基本的には転職活動を始める際、リクルートエージェントDODAの両方に登録するのがおすすめですが、コンサルティングサービスの手厚さを考えると、「初めての転職活動はDODA」・「2回目以降はリクルートエージェント」という登録の仕方も選択肢の1つです。

初めての転職活動の場合、右も左も分からない状態から転職活動がスタートします。

書類選考からスタートするため、まずは応募書類の準備が必要です。

また、転職活動の際の面接は、新卒の時とは全くの別物です。

そのような部分への支援はDODAの方が圧倒的に手厚いです。

そして、転職回数が多いのはまたそれで問題になりますが、転職活動の進め方を理解できている状態であれば、「リクルートエージェント」が保有する求人数は魅力です。

そのような理由から、2社両方に登録する際は、登録する順番はこちらがおすすめです。

【人材紹介会社比較】マイナビエージェントとDODAの後に、リクルートエージェントに登録。
まずはマイナビエージェントとDODAに登録 前回のブログの投稿で、 「私の体験と周囲の体験談から、「エージェント型」サービ...

こちらの投稿に記載している「マイナビエージェント」も、お住いのエリアやご自身の年齢、志望業界・業種によってはおすすめです。

保有する求人数はリクルートエージェント・DODAよりもかなり少なくなりますが、コンサルタントが提供するサービスの質の高さに定評があります。

まとめ

今回は、
【転職エージェント大手2社を比較!】リクルートエージェントとDODA
という投稿でした。

転職エージェントの大手2社、リクルートエージェントとDODAは、非常に多くの求人を保有しているという共通点はありますが、人材紹介ビジネスを営む上での方針の違いは明確で、それがサービスの違いにハッキリとあらわれています。

登録する順番や提供してもらえるサービスの違いの特徴を事前に理解した上で転職活動を行うことが、効率よくご自身に合った企業に内定をもらい、就職するための近道です。