転職活動中の不安・焦りを解消する方法

転職活動中の不安・焦りを解消する方法
スポンサーリンク

転職活動中の不安・焦り

「書類選考になかなか通らない」
「面接に受からない」


「自分を採用してくれる会社なんてないのでは・・・?」 

 

転職活動中は、「不安」や「焦り」を感じることも多いのではないでしょうか? 


今回のブログでは、おそらく多くの人が感じるそのような転職活動中の「不安」「焦り」を解消する方法についてご紹介してみたいと思います。 

 

この方法は転職活動中の人だけではなく、日々の生活や仕事にストレスを感じている人、ストレスを感じやすい性格を改善したい人にもおすすめな方法です。 

 

転職活動中の不安・焦りを解消する方法

 

瞑想をする

その方法とは・・・
ずばり、「瞑想」をすることです。 

 

テレビ番組や本屋さん、WEBサイトなどで「瞑想」が扱われているのを最近よく見るという方も多いのではないでしょうか? 

 

実際、「瞑想」を研修プログラムに取り入れている企業が増えいます。

「マインドフルネス」と表現されていることもあります。

 

 

瞑想の効果

それでは、「瞑想」にはどのような効果があるのでしょうか?

 

 ハーバード・メディカルスクールの研究者をはじめとする合同研究チームが2011年に発表した研究では、8週間の継続的な瞑想で脳の構造が目に見えて変化したことが報告されている。瞑想プログラム(マインドフルネス)の参加者は平均27分間の瞑想を1日1回、週に6日行い、8週間が経過した後の脳の状態を研究チームが精密に検査した。

 8週間の瞑想を体験した脳は、プログラムの実行前よりも海馬(hippocampus)の部分の灰白質(gray matter)密度が高まっていることがわかった。脳のこの部分は記憶や自己意識、同情心、考察などの活動に関係しているといわれている。

 参加者のうち、瞑想を始めてからストレスが低減したと報告している者の脳では、扁桃体の部分の灰白質密度の減少が見られた。扁桃体は不安とストレスの中心的役割を担っているといわれ、この部分の灰白質密度が低くなっているということは、不安やストレスが抑制されていることを意味する。

 

研究によって、「瞑想」により不安やストレスが抑制される効果が判明しているのです。

 

しかもそれだけではなく、脳内に変化がある!と。
これは驚きですね。

 

「瞑想」による効果はそれだけではありません。

  

 

□記憶力の向上
□ポジティブシンキングができるようになる
□幸福感を得やすくなる

 

 

良い事だらけですね!

 

転職活動中の不安・焦りを解消する方法

 

転職活動中の不安や焦りの解消だけでなく、「瞑想」は、「日々の生活」、「人生」というもっと大きなところにも良い影響をもたらしてくれます。

 

「瞑想」のやり方

そのような多くのポジティブな影響をもたらしてくれる「瞑想」。

「やり方」について、インターネットでたくさん紹介されています。

 

私も「瞑想」について興味を持つようになり、最初はインターネットで調べながら実践していましたが、方法がいろいろありすぎて迷ってしまうため、本を買いました。

 

参考にさせていただいた本はこちら。

 

 

「瞑想」は忙しい人にもできる

「瞑想」と聞くと「修行」や「スピリチュアル」なイメージで、座禅を組んで時間をかけて・・・とハードルが高そうなイメージを持つかもしれませんが、実際は1分間・5分間等の短時間で実践可能なものであるということがどの本にも共通して書かれています。

 

また、「瞑想」は継続して行うことで効果が現れるとも書かれています。

 

転職活動中でも、1日1分間、5分間程度であれば問題なく続けられるのではないでしょうか?


転職活動中の不安・焦りを解消する方法

 

まとめ

今回の投稿は、「転職活動中の不安・焦りを解消する方法」として、「瞑想」についてご紹介してみました。

 

「不安や焦りを解消」「記憶力の向上」「ポジティブシンキング」「幸福感を得やすくなる」など、良いことだらけで、脳自体にも良い変化が起こることが判明していて、忙しい毎日の中でも実践可能な「瞑想」。

 

不安・焦りを解消して、後悔しない転職活動をしましょう!