転職活動一覧

スポンサーリンク

【フリーター・ニートでも大丈夫!】就職に失敗した20代向けの就職支援サービス

【フリーター・ニートでも大丈夫!】就職に失敗した20代向けの就職支援サービスという投稿をしてみました。就職に失敗した20代の方には、就職に失敗した20代向けの就職支援サービスがおすすめです。就職に苦戦している20代の方は、今回ご紹介した、「DYM就職」・「ウズキャリ」に1度相談してみると、状況が好転するかもしれません。

記事を読む

【エンジニアが足りない!】30歳未満であれば未経験からエンジニアになりやすい時代

今回は、【エンジニアが足りない!】30歳未満であれば未経験からエンジニアになりやすい時代という投稿でした。エンジニアへの転職を考えるのであれば、30歳未満はとても有利な時代です。しかし30歳を過ぎていても、うまく「副業」をすることで十分チャンスがあります。もし興味があれば、まずはエンジニア養成スクールの無料体験からスタートしてみましょう。

記事を読む

【転職エージェント大手2社を比較!】リクルートエージェントとDODA

今回は、【転職エージェント大手2社を比較!】リクルートエージェントとDODA という投稿でした。転職エージェントの大手2社、リクルートエージェントとDODAは、非常に多くの求人を保有しているという共通点はありますが、人材紹介ビジネスを営む上での方針の違いは明確で、それが支援サービスの違いにハッキリとあらわれます。登録する順番や提供してもらえるサービスの違いの特徴を事前に理解した上で転職活動を行うことが、効率よくご自身に合った企業に内定をもらい、就職するための近道です。

記事を読む

【志望度MAXの悪あがき】転職エージェントから紹介された企業に書類選考で落ちた場合・・・

今回の投稿は、【志望度MAXの悪あがき】転職エージェントから紹介された企業に書類選考で落ちた場合・・・という内容でした。「人材紹介会社・転職エージェントから紹介されたが書類選考で落ちてしまった志望度MAX級の求人に対して再度アプローチは可能か?」 タイトルでは悪あがきという言葉を使っていますが、悪あがきでも何でも無く、再度アプローチは可能です。アプローチ方法は、(別の)「人材紹介会社・転職エージェント」経由というルートと、転職サイトや企業のホームページから自ら応募する「自己応募」と呼ばれるルートがあります。

記事を読む

【円満退職をするために!】職場に退職を申し出る時。

今回は、【円満退職をするために!】職場に退職を申し出る時。というタイトルで投稿しました。転職することになった際は、今までお世話になった企業と「円満に」お別れをして、新しい企業でのお仕事に挑みたいものです。もしトラブルになってしまった際は、こちらの投稿を参考にしていただけますと幸いです。

記事を読む

【フリーランス】は簡単に考えると危険。

【脱サラ・フリーランス】は簡単に考えると危険。採用担当をしていて履歴書を見ていると、フリーランスとして働いていた経歴がある応募者がここ数年で大幅に増えました。フリーランス → 企業復帰を目指すには、人材紹介会社に頼るのが1番です。それは、企業→企業の転職よりもハードルが高い部分があるからです。

記事を読む

【手書き?パソコン?】履歴書を書く手段について考える。

【手書き?パソコン?】履歴書を書く手段について考える。転職活動を始めると、用意しなくてはいけないものの1つに「履歴書」があります。 面接に際して、「履歴書不要」というところはまず無いです。「履歴書は手書きじゃなきゃダメ?パソコンで作りたいんだけど・・・」これが今回のテーマです。

記事を読む

【書類選考・志望動機】求人票から読み解く、内定に近づくためのコツ。

【書類選考・志望動機】求人票から読み解く、内定に近づくためのコツ。求人票には、企業が求める人材についての情報が書かれています。そこで今回は、『【書類選考・志望動機】求人票から読み解く、内定に近づくためのコツ。』というテーマで投稿してみたいと思います。

記事を読む

【ちょっとしたコツ!】応募ルートの使い分けを効率よく行う方法

前回、転職を希望する企業へのエントリーに際して、応募ルートの使い分けという方法をご紹介しました。応募ルートの使い分けは有効な方法なのでぜひ参考にしていただきたいです。今回は、『【ちょっとしたコツ!】応募ルートの使い分けを効率よく行う方法』というテーマで投稿してみたいと思います。

記事を読む

【応募ルートの使い分け】転職サイトと転職エージェントと企業サイト

今回は「転職サイトと転職エージェントと企業サイト」の使い分けというテーマでブログを書いてみたいと思います。どのルートから企業の求人に応募するかによって、採用される確率や選考基準が変わることがあります。「応募」が選考の入口です。「選考基準」と「ご自身の経験・経歴」を比較してゴールに1番近い入口を選ぶようにしましょう。

記事を読む