転職サイト一覧

スポンサーリンク

【志望度MAXの悪あがき】転職エージェントから紹介された企業に書類選考で落ちた場合・・・

今回の投稿は、【志望度MAXの悪あがき】転職エージェントから紹介された企業に書類選考で落ちた場合・・・という内容でした。「人材紹介会社・転職エージェントから紹介されたが書類選考で落ちてしまった志望度MAX級の求人に対して再度アプローチは可能か?」 タイトルでは悪あがきという言葉を使っていますが、悪あがきでも何でも無く、再度アプローチは可能です。アプローチ方法は、(別の)「人材紹介会社・転職エージェント」経由というルートと、転職サイトや企業のホームページから自ら応募する「自己応募」と呼ばれるルートがあります。

記事を読む

【リクナビNEXT】「機種依存文字が含まれています」が出てしまう時は・・・

今回の投稿は、【リクナビNEXT】「機種依存文字が含まれています」が出てしまう時は・・・という内容でした。なかなか手間ではありますが、「リクナビNEXT」への登録及び「リクナビNEXT」から選考にエントリーすることは、良い転職のためにはなかなか避けては通れない道です。「リクナビNEXT」の経歴欄の登録に際して、機種依存文字が原因で苦戦してしまっている人は、サイト側が何かしらの解決策を見つけてアップデートされるまで、 『まずは「目視で確認」、次に「WEBツールで確認」、最後は「手数で攻略」という方法』 で良い転職を目指しましょう!

記事を読む

【応募ルートの使い分け】転職サイトと転職エージェントと企業サイト

今回は「転職サイトと転職エージェントと企業サイト」の使い分けというテーマでブログを書いてみたいと思います。どのルートから企業の求人に応募するかによって、採用される確率や選考基準が変わることがあります。「応募」が選考の入口です。「選考基準」と「ご自身の経験・経歴」を比較してゴールに1番近い入口を選ぶようにしましょう。

記事を読む

【キャリコネ・MIIDAS(ミイダス)】特徴がある、おすすめな転職サイト

今回は、「特徴がありおすすめな転職サイト」というテーマで投稿したいと思います。「キャリコネ」・「MIIDAS(ミイダス)」の2つのサイトです。求人数だけで言ったらリクナビNEXTが圧倒的ですが、「キャリコネ」・「MIIDAS(ミイダス)」は求人数の多さとは別の角度から転職活動にアプローチすることができる転職サイトです。

記事を読む

【転職活動】転職サイトに登録!登録すべきサイト・時期は?

今回からは具体的なステップ、「転職サイトに登録」です。登録すべきサイト・時期について、「求人情報掲載型」「エージェント型」を中心に記載してみます。リクナビNEXT、マイナビ転職など具体的なサイト名やエージェント名を入れて紹介していきたいと思います。登録する時期、順番は少しだけ重要なので気をつけましょう。

記事を読む

【転職活動】仕事を探す~求人情報掲載型でお仕事探し~

インターネットで求人を探すのが現在の転職活動の主流になっていて、インターネット上の求人サイトはいくつかのジャンルに分けることができる、という内容のブログを前回投稿しました。今回は、求人サイトのジャンルの1つである、「求人情報掲載型」のサイトの仕組み、メリット・デメリットについて投稿します。

記事を読む

【転職活動】仕事を探す~インターネットでお仕事探し~

今回から具体的に「仕事を探す手段」を書いてみたいと思います。もっとも手軽で身近な方法は「インターネットでお仕事探し」です。ただ、一言で「インターネットでお仕事探し」と言っても様々なタイプの求人情報を提供してくれるサイトがあります。「求人情報掲載型」「エージェント型」「ヘッドハンティング型」「ミックス型」に分類しました。

記事を読む